メガネ、コンタクトレンズについて

メガネをかけたり外したりすると視力が下がりますか?
近視や老眼の場合、メガネをかけたり外したりすることで視力が下がることはありません。しかし、弱視治療で視力発達のために治療用眼鏡を装用している場合は常時装用が必須で、外している時間が長いと視力が発達しなかったり、一度発達した視力が下がることがあります。
度数の合っていないコンタクトレンズやメガネをかけていると、度が進みますか?
近視、遠視、乱視、老眼などの程度が進むということはありませんが、眼精疲労や頭痛、肩こりなどを引き起こすことがあります。
定期的に視力検査を行って、コンタクトレンズやメガネの度数が合っているか確認すると良いです。
従来型ソフトコンタクトレンズと使い捨てコンタクトレンズ、どちらが良いのでしょうか?
従来型ソフトコンタクトレンズは洗浄をしていてもとれない汚れが蓄積していきますが、使い捨てコンタクトレンズは決められた期間で新しいレンズに交換し常に新鮮なレンズを使用するので、衛生面が良いです。たんぱく除去を行う必要もありません。
また、紛失しても使い捨てコンタクトレンズはスペアがあり、度数の変化があれば一カ月や三カ月おきの定期検診時に度数の変更をすることが出来ます。
使い捨てコンタクトレンズは酸素透過性が良く、目の安全性も高いです。
矯正面では、ある一定以上の強い屈折異常がある場合、使い捨てコンタクトレンズでは矯正しきれない度数が従来型ソフトコンタクトレンズでは対応できることがあります。
ソフトコンタクトレンズ処方をご希望の際には一度ご相談されると良いと思います。
近視の場合、メガネやコンタクトをしていると、度が進みやすくなりますか?
メガネやコンタクトレンズをして近視が進みやすくなるということはありません。
弱視治療が終了(視覚の発達期間を過ぎたら)したら、メガネを外しても良いのでしょうか?
メガネを外しても発達した視力が下がることはありませんが、ある一定以上の遠視がある場合、メガネをかけていないと常にピント合わせをする状態になります。そうすると目が疲れやすくなったり集中力がかけたりする原因にもなりますので、外しても良いかどうかは一度眼科医にご相談されると良いと思います。
コンタクトレンズ処方で受診の場合、診察代はいくら位になりますか?
3割負担で初診の場合、診察代は1450円で、再診の場合は850円です。
コンタクトレンズ代金は別途かかります。
お薬が処方されたり、処置などがあった場合はもう少しかかることがあります。
コンタクトレンズだけをもらう事は可能でしょうか?
コンタクトレンズは、前回受診日から3ヶ月以内の場合で、目の調子や見え方などに問題を感じていらっしゃらなければ、診察・検査なしでご購入していただくことも可能です。
コンタクトレンズは目に直接装用する高度管理医療機器であり、目が痛いなどの自覚症状がなくても定期検査が必要です。
コンタクトレンズのみご希望の際は一度お電話(052-884-8677)にてお問い合わせください。
どこか紹介している眼鏡店はありますか?
処方箋は、どこの眼鏡店に持っていかれても眼鏡を作成することができます。当院で紹介させていただく場合は、昭和区の高辻シャンピアポート店2階のメガネの三城と、中区上前津にありますフジメガネ/シル・シエル店をご案内させていただいております。
初めてのコンタクトレンズ、メガネ合わせの最終受付時間は?
初めてのコンタクトレンズの最終受付時間は、受付終了時間の30分前になります。メガネ合わせの最終受付時間は、受付終了時間までとなります。
メガネをかけすぎると、近視が進みますか?
メガネをかけることで、近視が進むということはありません。ただし眼球の成長に伴って近視が進むことはあるため、とくに成長期の時期はメガネの度数が合っているか定期的に検査することをお勧めします。
作ったメガネが合わなくなったらどうしたら良いですか?
メガネの度数が合わなくなってきているのか、目の方自体に何か原因があってメガネが合わなくなってきているのかを視力検査などで確認を行う必要があります。合わなくなったメガネを一度お持ちいただければ、検査も兼ねて調べさせていただきます。
メガネはクリニックで作ってもらえますか?
メガネ作成は行っておりませんが、レンズの度数を合わせる眼鏡処方は行っております。
処方箋をお渡し致しますので、そちらを眼鏡店へお持ちいただいてメガネを作っていただきます。
コンタクトレンズの価格は?
1日使い捨てのものや、2週間や1カ月で頻回交換をするもの、また、ハードコンタクトレンズやソフトコンタクトレンズなどのレンズのタイプなどによっても価格は変わってきます。価格についての詳細は高辻コンタクト http://www.takatuji-cl.com/ にてご覧ください。
コンタクトレンズの処方箋はもらえるのでしょうか
当院では、コンタクトレンズの処方箋だけお渡しすることは、行っておりません。
コンタクトレンズは目に直接装着するものなので、当院で、検査・診察をして、目に疾患がないかどうかを診て、適切な種類のコンタクトレンズ、目にあったカーブ、適切な度のレンズを選び、お渡ししています。
また、処方箋だけお出しして、当院とは全く関係のないところで購入した場合、実際にコンタクトレンズを使ってみて、見にくいなどの困ったことが起きたときに対応ができません。
このような理由から、処方箋だけお渡しすることは行っておりません。
モイストとトゥルーアイの違いは何ですか?
「ワンデーアキュビューモイスト」、「ワンデーアキュビュートゥルーアイ」ともに一日使い捨てタイプのソフトレンズですが、レンズの素材が違っています。「ワンデーアキュビューモイスト」は、ハイドロゲル素材のレンズで、レンズに含まれる水分を介して酸素を眼に届けています。「ワンデーアキュビュートゥルーアイ」はシリコーンハイドロゲル素材のレンズで、水分を介してだけではなく、レンズの素材が酸素を通すので、より多くの酸素を眼に届けることができます。
コンタクトレンズは、1dayと2週間で交換するものと、どちらが目に良いのでしょうか?
1dayタイプの方が目に良いです。毎日新しいきれいなレンズを、目につける事ができるからです。コンタクトレンズのタイプは、眼科医と相談して、眼の状態、体質、使用目的に合わせて決めます。使い方のルールをしっかり守り、正しく使って頂く事が何より大切です。