0

Q.親子で同じ目薬を使っても(共有しても)良いですか?

薬について

Q.眼圧とは何ですか?

A眼球形態を維持するための眼球内圧です。
正常値は10~21mmHgですが、正常眼圧緑内障では、眼圧が正常範囲内でも緑内障という病気ですし、高眼圧症といって、眼圧が21mmHg以上あっても緑内障を発症していない場合もあります。緑内障かどうかは、眼圧の値だけでなく眼底検査・視野検査などその他にも色々検査をして総合的に判断します。
眼圧は常に一定ではありませんので、測定する度にある程度数値が変動することがあります。

Q.近視や遠視や乱視は遺伝しますか?

A遺伝するとは一概に言えませんが、親御さんが背が高いとお子様も背が高くなる傾向があるように、お子様が親御さんと同じような屈折異常(近視、遠視、乱視のこと)になる傾向はあります。

Q.メガネをかけたり外したりすると視力が下がりますか?

A近視や老眼の場合、メガネをかけたり外したりすることで視力が下がることはありません。しかし、弱視治療で視力発達のために治療用眼鏡を装用している場合は常時装用が必須で、外している時間が長いと視力が発達しなかったり、一度発達した視力が下がることがあります。

Q.従来型ソフトコンタクトレンズと使い捨てコンタクトレンズ、どちらが良いのでしょうか?

A.従来型ソフトコンタクトレンズは洗浄をしていてもとれない汚れが蓄積していきますが、使い捨てコンタクトレンズは決められた期間で新しいレンズに交換し常に新鮮なレンズを使用するので、衛生面が良いです。たんぱく除去を行う必要もありません。
また、紛失しても使い捨てコンタクトレンズはスペアがあり、度数の変化があれば一カ月や三カ月おきの定期検診時に度数の変更をすることが出来ます。
使い捨てコンタクトレンズは酸素透過性が良く、目の安全性も高いです。
矯正面では、ある一定以上の強い屈折異常がある場合、使い捨てコンタクトレンズでは矯正しきれない度数が従来型ソフトコンタクトレンズでは対応できることがあります。
ソフトコンタクトレンズ処方をご希望の際には一度ご相談されると良いと思います。

Q.糖尿病がありますが、自覚症状はありません。それでも定期検診を受けた方が良いのでしょうか?

A.はい。自覚症状はなくても、眼底に出血するなど網膜に病的変化(糖尿病網膜症)を起こしていることがあります。自覚症状を感じる頃になると、糖尿病網膜症がかなり進行している場合があるため、眼底に糖尿病網膜症が起きていないか、起きてしまっている場合は糖尿病網膜症が悪化していないか定期的に検診を受けることが大切です。
診察時には散瞳して眼底検査を行うため、お車の運転を控えて受診されると良いでしょう。

月別アーカイブ

閉じる

052-884-8677

初診受付

LINE

Facebook