1828

院長ブログ

院長ブログ

新型コロナウイルス感染症 目からのウイルス感染について

こんにちは。名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニック院長の田辺です。

新型コロナウイルス感染症が世界中で拡大しています。

皆様もご不安な中、日々送られていることと思います。

ここでは、目からのウイルス感染にどのように注意したらよいかについてまとめてみたいと思います。

下記の1~5までの質問にお答えしたいと思います。

  • 1.どのようにして目からコロナウイルスが感染するのですか?
  • 2.目からの感染を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?
  • 3.コンタクトレンズの使用はどうすればよいでしょうか?
  • 4.眼鏡やゴーグルを使えば、感染から目を守れるでしょうか?
  • 5.普段から点眼薬をさしている場合、何を注意すればよいでしょうか?

答えです。

1.どのようにして目からコロナウイルスが感染するのですか?

コロナウイルスに感染した方の咳やくしゃみ、しゃべっているときのつばに含まれるウイルスがあなたの顔にかかった場合、目の粘膜(結膜)からウイルスに感染する可能性があります。

また、ウイルスが付いたテーブルや椅子、パソコンのキーボードなどをあなたがさわって、そのままの手で目をこすったりさわったりした場合にもウイルスに感染する可能性 があります。

2.目からの感染を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

コロナウイルス感染症の基本的な対策は、手洗い(石鹸による十分な手洗い)、あるいはア ルコール等で消毒することです。

  • 洗っていない手で目をさわらないようにしてください(自分にウイルスを感染させな い)。
  • 目をさわったあとに手を洗わずに、あちらこちらをさわらないようにしてください(他 人にウイルスを感染させない)。

目をさわらない・こすらない、手を洗うこと、を心がけましょう。

3.コンタクトレンズの使用はどうすればよいでしょうか?

コンタクトレンズをはめるときと、はずすときに直接目に触れますので、目に触れる前後に十分な手洗いを行ってください。普段どおりに、コンタクトレンズの消毒やこすり洗いもしっかりと行ってくだ さい。心配であれば、しばらくの間、コンタクトレンズから眼鏡の装用に代えても良いでしょう。

4.眼鏡やゴーグルを使えば、感染から目を守れるでしょうか?

眼鏡やゴーグルを装用すればコロナウイルスの飛入を、ある程度は抑えることができますが、完全ではありません。レンズのない側面や上下の隙間から、ウイルスが侵入する可能性があります。
また、眼鏡やゴーグルに触れた手で目をこすってしまうと、かえって感染のリスクを高める可能性も あることに注意してください。

5.普段から点眼薬をさしている場合、何を注意すればよいでしょうか?

目薬をさす前と後に、十分に手洗いを行ってください。他の人と、目薬を共有してはいけません。

目をさわらない・こすらない、手を洗うことをこころがけましょう!

閉じる

052-884-8677

初診受付

LINE

Facebook