0

Q.白内障と緑内障はどのように違うのでしょうか?

疾患について

Q.白内障と緑内障はどのように違うのでしょうか?

A.白内障は年齢を重ねると、程度の差はありますが、誰でもかかる眼の病気です。水晶体(カメラでいうレンズの働きをしている)が濁り、見えにくくなります。この眼の濁りは、ほとんどの場合、眼の老化によるもので、人が歳をとると髪の毛が白くなったり、皮膚にしわが寄るのと同じような正常な変化です。いったん濁ってしまった水晶体を元の状態に戻すためには、手術によって水晶体(カメラでいうレンズ)の濁りを取り除き、人工のレンズを入れる以外に方法はありません。点眼薬は、水晶体の濁りを取り除くためのものではなく、白内障の進行を遅らせるための薬です。日常生活を送る上で、不自由を感じるようになったときが、手術のタイミングといえるでしょう。ただし、早めに手術をした方が良い場合、手術を待った方が良い場合もありますので、主治医と良く相談すると良いです。
一方、緑内障は、自覚しづらい病気で、視野(ものの見える範囲)が欠けていく病気です。
放置していると少しずつ進行し、最悪の場合は失明に至る病気です。網膜(カメラでいうフィルム)には、一面に視神経(ししんけい)がはりめぐらされており、緑内障は正常に機能する視神経が減少する病気です。失われた視神経の部分に相当する視野が欠け、一度失われた視神経は再生せず、欠けた視野も二度と戻りません。
病気の進行とともに徐々に見える範囲が狭くなり、最悪のケースでは光を失う事になります。緑内障には、いろいろなタイプがありますが、多くの人がかかる緑内障は、痛みや充血といった症状もなく、病気の最終段階まで見えにくいという症状も自覚しません。唯一の自覚症状は、視野(物の見える範囲)の一部に見えない所ができるというものですが、普段私達は2つの眼で物を見ているため、互いの眼の視野で補い合って、これも意外に気づきません。多くの場合、自覚症状がないため、緑内障とわかっていても、不自由しないからと、治療を受けない人もいるくらいです。40歳以上の17人に1人は緑内障と言われています。自覚症状がない病気ですので、40歳を超えたら一度眼科を受診し、緑内障の検診を受けることをお勧めします。「早期発見・早期治療」が重要な病気です。緑内障と診断されたら、進行を食い止め、今の状態を維持していくよう、日常生活の中で緑内障とうまく付き合っていくことが大切です。

Q.近視だと老眼になるのは遅いというのは本当でしょうか?

A.『近視の人は老眼になりくい(老眼にならない)』これは良く聞く言葉ですが、正確に言うと、『近視の人は老眼に気づきにくい』です。

老眼とは、ピント合わせをする力(カメラでいうフォーカス機能)が弱くなり、近くが見づらくなる老化現象です。誰にでも年齢を重ねる事で起こる現象です。もちろん近視の人もなります、近視は網膜(カメラで言うフィルム)より前で焦点を結ぶ眼で、近くにピントが合っています。
老眼になっていても、使っている眼鏡やコンタクトレンズをはずすと、近くが見やすくなります。多くの方がこの状態は老眼だと思っていないため、実際には老眼の症状が始まっているにもかかわらず、まだ老眼ではないと思う事が多いのです。

Q.遠視と老眼は一緒でしょうか?

A.遠視と老眼は混同されがちですが、違っています。遠視は網膜(カメラでいうフィルム)より後ろで焦点を結ぶ眼で、遠いところにも近いところにもピントが合っていない目です。いわゆる近視・遠視・乱視という、眼の屈折の状態を表しています。それに対して、老眼はピント合わせをする力(カメラでいうフォーカス機能)が弱くなり、近くが見づらくなる老化現象です。誰にでも年齢を重ねる事で起こる現象です。近くが見づらいという点では、遠視も老眼と同じ症状なので、混同されるのだと思います。同じ近くが見づらい症状でも、その原因が全く異なります。
遠視の人は、普段遠くを見るときも近くを見るときも、自分のピント合わせの力(カメラでいうフォーカス機能)を使って物を見ています。遠くのものを見るときより近くのものを見るときに、たくさんピント合わせの力を使うので、遠視の人も近くが見づらいという現象が起きます。若い時は、ピント合わせの力(カメラでいうフォーカス機能)がたくさんあるので、その力を使える範囲で、物を良く見ることができます。また、『遠視の人は老眼になりやすい?』と言われる事もありますが、そのような事はありません。遠視の人は、遠くを見るときにもピント合わせをしていて、さらに近くを見るときにはそれに加えてピント合わせをしなくてはいけません。同じ近くを見るのでもたくさんのピント合わせの力を使っているので、老眼を早く自覚する可能性があるのです。

Q.白内障手術はどのタイミングでしたら良いのでしょうか?

A.白内障が原因の視力低下で、日常生活に不便を感じるようになったら、手術を受けることを考えると良いです。白内障にかかっている人の年齢・生活環境・仕事・趣味により異なりますが、視力を一つの目安と考えれば、運転免許の更新が出来ない視力0.7以下くらいか、老眼鏡をかけても新聞が読みにくくなる0.5以下あたりでしょうか。視力がそれほど悪くなくても、その他の自覚症状が強い時は、手術を考えると良いと思います。白内障の手術の時期やタイミングは、人それぞれですので、主治医とよく相談して、自分の手術の必要性、視力改善の可能性について良く理解し、納得した上で手術を受けられるのが良いと思います。

Q.コンタクトレンズは、1dayと2週間で交換するものと、どちらが目に良いのでしょうか?

A.1dayタイプの方が目に良いです。毎日新しいきれいなレンズを、目につける事ができるからです。コンタクトレンズのタイプは、眼科医と相談して、眼の状態、体質、使用目的に合わせて決めます。使い方のルールをしっかり守り、正しく使って頂く事が何より大切です。

月別アーカイブ

閉じる

052-884-8677

初診受付

LINE

Facebook