0

ブログ・お知らせ

院長ブログ

勉強会

こんにちは。名古屋市の眼科、田辺眼科クリニックの田辺です。

5月22日(日)と5月29日(日)勉強会に参加しました。
22日は眼科の医師が参加する勉強会で年6回あります。
それぞれが、今取り組んでいることや今後取り組みたいことなどを発表したり、外部の講師の話を聞いたりします。
29日は医師やスタッフが参加する勉強会で年4回あります。
当院は、私とスタッフ7名で参加しています。
眼科だけではなく、内科、耳鼻科、歯科などいろいろな科の医師やスタッフが参加しています。
どちらの勉強会も、皆とても熱心で、とても良い雰囲気の勉強会です。
当院はいろいろな取り組みをしてきていますが、頑張っているのは当院だけではないと、勉強会に参加するたびに感じます。
また、以前に比べ、いろいろ考えて実践しているクリニックが増えていると感じます。
患者様に向けて、スタッフに向けて、より良いクリニックになるように皆が努力しています。
皆が実践した事例を発表、講師の方の説明がありますが、事例がたくさんありすぎてすべてを解説できないほどです。
頑張っている他施設の医師やスタッフとの出会いも貴重です。
どちらの勉強会にも長く参加させていただいていますが、参加して本当に良かったと感じています。
スタッフも一緒に参加してくれているので、嬉しいですし、一緒に協力して良いクリニックにしていきたいと思います。少しずつでもより良くなるよう努力していきたいと思います。
DSC01617.JPG

~学校健診について~

こんにちは(*^^*)名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック視能訓練士の宮﨑です!

まだ5月ではありますが、全国ではもう真夏日のところもあり、日中は暑い日が多くなってきましたね。体温調節をしっかり行い、体調を崩されないようにお気をつけてお過ごしください(>_<)
さて、新年度が始まり、2ヵ月が経ちましたね。新年度に入ると、各学校では健康診断が行われていると思います。当院でも、学校健診の用紙を持参して受診されるお子様が多く来院しています。
学校における視力検査とは、学習に支障のない見え方であるかどうかの検査としています。視力は学習にも影響を与えるものであり、重要な検査です。
視力検査の際、裸眼視力を測定することが望ましいとされていますが、眼鏡やコンタクトレンズ等を常用しているお子様については、矯正視力を測定します。これは、日常の学校生活での見え方を知るということを目的としているからです。
学校健診の結果では、
A:1.0以上
B:0.9~0.7
C:0.6~0.3
D:0.3未満
というように、視力測定の区分を決めています。
学校での授業に支障をきたしていない場合でも、学校健診の用紙をもらった際は、一度眼科を受診して頂き、再度検査をして頂くと良いかと思います。
また、ご不明な点等がございましたら、お気軽にご相談ください!(^^)!

☆NEW FACE☆

こんにちは。

名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック、視能訓練士の三浦です。

 

新生活も始まる4月から早1ヶ月経ち、5月中旬になり、暖かい季節になってきましたね(^^)

 

以前にもブログでもご紹介させて頂きましたが、4月から田辺眼科クリニックに新しいスタッフが増えました。

 

<視能訓練士>

 ☆堀田 宏美さん

 ☆魚住 真希さん

 

です。

また、系列眼科のやぐま眼科にも、視能訓練士1名、受付1名、看護師1名の新しいスタッフも加わり、計5名の新しいスタッフが仲間入りしました♪


そして、田辺眼科の視能訓練士は6名!!!となりました。


入職して1ヶ月半が経ちますが、堀田さんと魚住さんは、毎日、笑顔で患者様やスタッフに接し、日々の業務も一生懸命覚えていらっしゃいます。

そんなお二人の姿を見ていると、自分自身、勉強になる事もたくさんあります。

社会人としても視能訓練しとしても間もないお二人で、まだまだ、不安な事や分からない事があるかと思いますが、一緒に頑張っていきたいと思います。

また、見掛けたら、声を掛けてあげてくださいね♪

翼状片ってなんだろう?

名古屋市昭和区にあります眼科、田辺眼科クリニックの看護師 田中です(^^)

いつも田辺眼科クリニックのブログをみて頂きありがとうございます。
皆様は
「鏡で見ると黒目の中に白い膜が三角形にある」
「目が充血しやすい」 
「目がコロコロする」 といった症状を感じたことはございますか?
上記の症状は  翼状片  と呼ばれるものかもしれません
翼状片は、黒目(角膜)の中央にむかって白目(結膜)が侵入してくる病気です。
鼻側だけに出来ることが多いですが、耳側に出来ることもあります。
原因として
①紫外線やホコリ
②逆まつげによる刺激
③家族性のものや生まれつきの体質
などが考えられています。
翼状片は悪いものでは無いので一般的には経過観察となりますが、
角膜内に入ってきて視力に影響を及ぼす場合や、
頻繁に充血をして異物感の強いもの、
美容的に問題がある場合には手術を行う場合もあります。
翼状片に似た症状として 瞼裂は班があり、見分けは難しいです。
気になる症状がありましたら、一度田辺眼科クリニックに受診してくださいね(*^^*)

月別アーカイブ

閉じる

052-884-8677

初診受付

LINE

Facebook