0

ブログ・お知らせ

スタッフブログ

ようやく春らしくなりました

こんにちは(*^^*)

名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック視能訓練士の衣斐です。
今年の春は、暖かくなってきたかな・・・と思っていたらまた寒くなったり、の繰り返しでしたが、ようやく暖かくなり、桜も咲き始め、春がやってきた感じですね。
名古屋市の桜の開花日は3月19日、満開日は今日3月30日となっていました。
しかし通りかかりにあった桜は、まだ満開まで時間がかかりそうでした。
sakura.jpg
皆様は日本三大桜をご存じですか?
福島県の「三春滝桜」、山梨県の「山高神代桜」、
そして岐阜県本巣市の「根尾谷淡墨桜」です。
いずれも国の天然記念物に指定されています。
岐阜県の根尾谷淡墨桜の予想満開日は4月1日とのことです。
樹齢1500年の桜の木、是非見に行ってみたいです!

見ることで意識できます!

こんにちは! 名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック視能訓練士の浅野です。


ずいぶん暖かくなり、日差しもやわらかく感じます。気持ちもやわらかくなる感じです。花のつぼみも膨らんで、春を感じますね(^^)
さて、当院では毎月、クリニックの月間目標を決めています。
今月の月間目標は、
IMG_20160319_155202.jpg
です。
各部門で具体的に取り組むことを決め、診療にあたっています。
この目標が、診察室の裏の通路、スタッフルーム、スタッフ用トイレの扉の内側に貼ってあります。
自然に目にするので、意識しやすく、実践につながりやすいなぁと感じます。
目標を意識しながら、より良くなるにはと考えて行動し、患者様や地域の皆様や当院に関わってくださる方々にとり、少しでも良いクリニックになれるように進んでいきたいです。

見ることで意識できて良いなぁと思うことがプライベートでもあります。

昨年の9月から、朝体重を測り、記録し、グラフにしています。それを冷蔵庫の扉に貼っています。
おいしいものを食べるのが大好きで、つい食べ過ぎてしまい、体重が増えてしまうのですが、グラフを見ると『食べ過ぎだよ』と意識できて、少し控えることができます。

DSC_0258.JPGのサムネール画像
最近、上昇中です(^_^;)
健康管理のためにも、続けていきたいと思います。
当院で働かせていただくようになり、いろいろな取り組みをしたり、学びの機会を与えていただいたり、とても恵まれた環境だと感じています。
自分自身も努力を続けていける人になりたいと思います。

もうすぐ春ですね\(^o^)/

こんにちは(*^^*)

名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック視能訓練士の宮﨑です!!
朝晩はまだ肌寒く感じますが、もう3月も半ばですね。そろそろの暖かさが待ち遠しくなってきました\(^o^)/
さて、突然ですが、昼と夜が同じ長さになると言われている日が1年に2回ありますが、それはいつだか知っていますか???
そうです!!春分の日秋分の日です(^^)/
そして、その春分の日を今週の日曜日、20日に迎えます。春分の日とは、「自然を称え、将来のために努力する日」と法律で定められた祝日です。昔の人は、自然に感謝し春を祝福する日だと感じていたようです。春分の日の頃は、厳しい冬を耐えてきた生き物が前向きにやる気に満ち溢れると共に、草木が芽吹き、春の訪れを感じる時期でもあります。
春分の後は、徐々に日が長くなってそれまでの寒さも和らいでくるとされています。この春分の日を境に、を実感できる頃が近づいてきそうですね(*^^)v
季節の変わり目ということもあり、気温の変化で体調を崩さないよう、皆様お気をつけてお過ごしください!(^^)!

☆近視・遠視・乱視とは??☆

こんにちは。

名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック、視能訓練士の三浦です(^^)

 

ここ数日、気温も上がり、春の気配を感じますね。

また、花粉の飛散も始まり、当院には花粉症の症状で受診される患者様が多くいらっしゃいます。

 

さて、当院では、診察の前に検査を行い、視力の結果などを記載した紙を患者様へお渡しさせて頂いていますが、最近、患者様から『近視・遠視・乱視』についてご質問を受けることがよくあります。

今日は、簡単にではありますが、『近視・遠視・乱視』についてお話ししたいと思います。

 

【近視とは?】

『近くははっきり見えるが、遠くを見ると字や物がぼけて見える』と

いうのが主な症状です。また、メガネやコンタクトレンズで矯正しない       場合『目を細めて字や物を見る』
『肩こりしやすい』
といっ症状が 出る場合もあります。

特にお子様の場合は、「見づらい」という症状を直接訴える事は少なく、学校検診や家庭内での症状から、ご両親が気付いてあげる事が重要です。

   

 

   【遠視とは?】

遠視は「遠くが見えるよい眼」と勘違いされがちですが、眼の屈折状態としては、本当は遠くにも近くにもピントが合っていません。しかし、眼には水晶体というレンズのはたらきをする部分の厚みを増して像の結ばれる位置をずらす「調節」という機能があるので、若い頃は遠くも近くも見ることができます。

ただ、「調節」の機能は年齢とともに衰えてくるため、徐々にピントを合わせることができなくなり、より「調節」を要する近くから見えにくくなっていきます。

 

 

【乱視とは?】

乱視は一般的に、角膜と水晶体の歪みによって引き起こされます。

乱視の見え方は、二重に見える・ブレて見える・ぼやけて見える・光がにじむ・夜見にくくなるなどで、見にくさだけではなく目の疲れの原因ともなります。

軽い乱視は矯正の必要がないため、放っておいても問題はないのですが、見え方に関わってくる・疲れの原因となるような乱視は眼鏡やコンタクトレンズで矯正した方がよいでしょう。

 

近視・遠視・乱視とは、主に、このような症状になります。

なかなか奥が深いです…(-_-;)

また、不明な点などがございましたら、いつでも、スタッフにお尋ね下さい。

読書感想発表会を実施しました

名古屋市の眼科 田辺眼科クリニックの田辺です。

当院では、スタッフに読書の習慣を付けて欲しいという思いから、半年に1冊、各自が読みたい本を読んだ上で「その本から学んだこと」「その本から得られた気付き」「印象に残っている文章」などを発表し合う「読書感想発表会」という取り組みを実施しています。
IMG_1556.JPG
この取り組みをかれこれ2年前から始めていますが、開始当初よりも「読んだ本の質」「感想の内容」「発表の仕方」など、あらゆる面でレベルアップしており、スタッフの成長が何よりの喜びである私としては、とても嬉しいです。
仕事は楽しいことばかりではありません。辛いこと、苦しいこと、悲しいこと、理不尽なこと、様々な出来事があります。
特にそのような自身にとってマイナスな出来事が起こった時、マイナスな状態になりそうな自分を食い止めるのが、これまで自分の中に貯めてある、プラスのメッセージなのです。
これからもスタッフにはたくさんの本を読んで、たくさんのプラスのメッセージを貯めて欲しいと願っています。

アレルギーによる目の病気☆

こんにちは(*^^*)

名古屋市昭和区の眼科、田辺眼科クリニックの看護師 田中です!!
3月に入り暖かくなってきましたね*
花粉もいよいよ飛び始める花粉症の方にはとても辛い季節ですね(>_<)
今回はアレルギーによる目の病気をいくつかご紹介します*
①季節性アレルギー性結膜炎
毎年同じ季節にアレルギーによって結膜炎がおこります。
花粉症がその代表です*
強い目のかゆみ、充血が主な症状で、くしゃみや鼻水など目以外にも症状が現れるのが特徴です。
花粉症の原因は春に飛散するスギ花粉の他に、
春から初夏にかけてのヒノキ、
夏にはカモガヤなどのイネ科の植物、
秋はヨモギやブタクサなど、アレルゲンには様々な植物の花粉があります。
②通年性アレルギー性結膜炎
ダニやハウスダストなどが原因で結膜炎がおこります。
花粉と違い、季節に左右されませんので症状が一年中現れますので「通年性」と呼ばれています。
③春季カタル
カタルとは、粘膜に炎症がおきて多くの粘液を分泌する状態です。
結膜に炎症がおき、かゆみ、白っぽい糸をひくような粘り気の強いめやに、目にゴロゴロとした違和感が生じます。
特に春先など、季節の変わりめに悪化します。
小学生くらいの男の子に多いとされる病気で、アトピー性皮膚炎をもっている子に多いとされています。
症状は悪化と警戒を繰り返しますが、思春期頃に治っていく場合が多いとされています。
この他にも
コンタクトレンズによるアレルギーや点眼薬によるものなど様々なものがあります。
アレルギーの原因とされる抗体は一度できてしまいますとなかなか消えません(>_<)
アレルギー反応を起こしやすい体質そのものは生まれつきによるものなので、
ある程度高齢となり、免疫能が低下してくるまで治りにくいとされています。
アレルギー症状はとても辛いですが、出来る限り外界からの侵入は防ぎ、予防していきたいですね!!

月別アーカイブ

閉じる

052-884-8677

初診受付

LINE

Facebook