0

ブログ・お知らせ

スタッフブログ

夏風邪!!

元気印の受付の菅井です☆
最近、朝と夜の気温差がありますが、皆様風邪など
ひかれていませんでしょうか?
元気印の菅井は、風邪や夏バテに無縁でしたが、
ついに夏風邪をひいてしまいました・・・。
そこで、風邪対策について調べてみました!!
「風邪は、万病の元」です!!
~風邪をひかない為に~
①十分な睡眠
②寒い時期には体を暖める。寒くしない
③暑い時期は、体の内部(食べ物)と外部(冷房)から冷やしすぎない
④暴飲暴食をしない
⑤心身共に疲れたら無理をせず、体を休ませる
⑥首の後ろを冷やし過ぎない
⑦冷たい風を肺に入れないよう、外出する時はマスクをする
皆様、暑い夏、風邪をひかないように、事前に対策を
しましょう。
元気印の菅井も対策をしっかりし、今後、夏風邪、夏バテに
負けないよう元気に夏を乗り切ります!!

紫外線対策

こんにちは。受付の坂口です。
毎日暑い日が続いていますが、みなさんはどのようにお過ごしですか?
今日は紫外線対策についてご紹介します。
紫外線という言葉は、聞いた事があると思いますが、紫外線対策を行うためには、正しく知る事から始めましょう。
まず紫外線を防ぐために必要な物は、1つ目に、日焼け止めクリーム、2つ目、日傘や長袖の服、3つ目は、帽子、サングラスです。
①日焼け止めクリームの塗り方
毎日の通勤や通学の時に浴びる日差しでも、紫外線貯金箱がいっぱいになると、シミが出来始めるようになります。
日焼けを起こすほどの日差しではなくても、必ず日焼け止めは、塗ってください。
大切なポイントとして、2~3時間での塗りなおしをお勧めします。
朝と昼に、塗るようにするとより効果が得られます。
②日傘、長袖の服を着用する
長袖の服を着る場合、ポリエステルか綿素材の目の詰まっているものを選びましょう。
長袖でも網目が大きいと、そこから紫外線が通過して日焼けをおこしてしまいます。
日傘も大きもので、しっかりと身体をかくしてくれるものを選びましょう。
衣類や繊維に紫外線防止加工がされているものがあるので、紫外線を防止するには有効です。
③帽子、サングラスを身に付ける
帽子をかぶると、約20%、サングラスで約90%の紫外線をカットすることができます。
紫外線は、皮膚からだけでなく、目からも吸収します。
外に出る時は、まぶしいからだけでなく、紫外線対策として、是非サングラス着用を心がけてください。
では、紫外線対策をしつつ楽しく夏を過ごして下さい。

熱中症に注意しましょう。

こんにちは。
看護師の大谷です。
連日暑い日が続いておりますね。
ニュースでも熱中症にご注意くださいと呼びかけてくれています。
どのように注意をしたらよいのか知っていると思いますがお伝えしたいと思います。
まずは水分補給。
失った水分を取りも出すためにこまめにを飲むことが大切ですね。
スポーツドリンクは手軽にミネラルも補給できます。
だけではなく一緒に塩分を補給することが大切になります。 
我が家では麦茶梅干しを常備することにしました。
他にもスーパーなどに熱中症対策のが売っていたので購入して家に居るときにも舐めるようにしています。
2回目の名古屋のを経験しますが暑さに負けず乗り切りましょう!!

七夕

こんにちは!!視能訓練士の衣斐です。
明日7月7日は七夕ですね。
当院の待合室には子供たちの願い事を書いた短冊が飾ってあります☆
子供たちの願い事を見ると微笑ましいです(*^-^*)
七夕の伝説は中国で生まれ、日本で語り続けられているそうです。
雨が降って川の水が増し、天の川を渡れないと
織姫と彦星は会えないのだと思っていたのですが、
雨の日はカササギという鳥が集まり、翼を広げて橋となって渡してくれると言われているそうです。
毎年7月7日は天気が悪い日が多いですが、
今年は良い天気になるといいですね♪♪

月別アーカイブ

閉じる

052-884-8677

初診受付

LINE

Facebook