0

院長ブログ

院長ブログ

YouTube 配信

こんにちは。名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニックの田辺です。

YouTubeの配信を開始致しました。

眼に関すること、当院のことなど、皆さまのお役に立てる内容を配信していきます。動画を見て下さった方、チャンネル登録して頂けましたら嬉しいです。

1回目配信

2回目配信

当院の新型コロナウイルス感染予防対策について

名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニックの田辺です。

非常事態宣言が解除されましたが、引き続き感染拡大予防に努めてまいります。本日は、当院で行っている新型コロナウイルスの感染拡大予防対策について書かせていただきます。

当院では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、以下の対策を行っています。当院を利用するすべての方の安全を守るため、感染対策へのご理解とご協力をお願い申し上げます。

患者さまへ

・玄関・待合室に手指消毒用アルコールの設置

・来院された方へ検温依頼

・患者さまへのマスク着用依頼、マスクをお持ちでない方には当院で提供し着用依頼しています

・常時院内の換気

・待合室ソファの消毒液による清拭(午前と午後の2回)

・トイレドアノブの消毒液による清拭(1時間に1回)

・検査機器のあご台、検眼枠のアルコールによる清拭

・使用する物品の消毒強化

・検査室の眼鏡置きの敷物を患者さまごとに交換

・待合室の本、おもちゃ、飲み物の撤去

・中待合室のソファへ間隔をあけて座っていただくようご案内

・ご希望の方は駐車場車内でお待ちいただけるようにしております

スタッフ

・スタッフのマスク着用

・スタッフの毎日の体調管理(出勤時に検温し、毎日の診療に従事するよう指導)

・手洗い、手指消毒の徹底

・昼休憩を交代で取り、スタッフ間の感染予防を図っています

今後も皆様に安心してご来院頂けるよう、感染予防策や衛生管理、スタッフの健康管理に十分留意して参ります。

4月21日、16周年を迎えました

こんにちは。名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニック田辺です。

非常事態宣言が発令され、今までにない生活、変化を感じていらっしゃる方も多いと思います。

さて、当院は、2004年の4月21日水曜日に開院致しました。

今年の4月21日でおかげさまで16周年を迎えることができました。

16周年を迎えることができましたのは、当院にご来院くださった患者さま、当院を支えてくださっている業者の方々、スタッフとスタッフの家族、関わってくださっている皆さまのお力添えのおかげです。本当にいつもありがとうございます。

毎年開院記念は、皆で食事をしてお祝いしています。そして、これからも力を合わせてよいクリニックにしようと気持ちをひとつにしてきました。

今年は感染拡大防止に努めるため、食事会はしないことに決めました。

4月21日当日、お花を頂き、院内は華やかな雰囲気になり、非常に嬉しかったです。お花をくださった皆さま、ありがとうございます。

そして、お昼にはスタッフがプレゼントをしてくれました。

お祝いのバルーン、手作りのくす玉、ブラックボード。

私にとっては自分の誕生日よりも大切な開院記念日です。思いがけず、お祝いしてもらい、非常に嬉しかったです。

聞けば、スタッフが皆で話して行ってくれたそうです。いつもは食事をごちそうになってお祝いしているが、今年は食事会が中止になったので、今度は私たちが先生にお祝いしようと。

スタッフのやさしい気持ちが非常に嬉しかったです。そして、相手のこと、相手の喜びを考えて行動できるスタッフを誇りに思います。

コロナウイルスの感染で、今まで通りではない社会になっています。

不安になるのではなく、社会の変化に適応できるよう、準備をしていきたいと思います。

当院の今年のスローガンは「やさしく、つよく、たのしく」です。

自分にも他人にもやさしくお互い助け合う、個人としてもチームとしても仕事を実現して誰かの役に立つ、仕事がたのしいそして仲間と過ごすのがたのしい職場をめざす、これを実現しながら、患者さまはもちろん当院に関わる方に喜んでいただけるクリニックになるように考えて行動していきます。

今年は3人の新人を迎えることができました。素敵な仲間が増えました。

皆と協力して進んでまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症 目からのウイルス感染について

こんにちは。名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニック院長の田辺です。

新型コロナウイルス感染症が世界中で拡大しています。

皆様もご不安な中、日々送られていることと思います。

ここでは、目からのウイルス感染にどのように注意したらよいかについてまとめてみたいと思います。

下記の1~5までの質問にお答えしたいと思います。

  • 1.どのようにして目からコロナウイルスが感染するのですか?
  • 2.目からの感染を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?
  • 3.コンタクトレンズの使用はどうすればよいでしょうか?
  • 4.眼鏡やゴーグルを使えば、感染から目を守れるでしょうか?
  • 5.普段から点眼薬をさしている場合、何を注意すればよいでしょうか?

答えです。

1.どのようにして目からコロナウイルスが感染するのですか?

コロナウイルスに感染した方の咳やくしゃみ、しゃべっているときのつばに含まれるウイルスがあなたの顔にかかった場合、目の粘膜(結膜)からウイルスに感染する可能性があります。

また、ウイルスが付いたテーブルや椅子、パソコンのキーボードなどをあなたがさわって、そのままの手で目をこすったりさわったりした場合にもウイルスに感染する可能性 があります。

2.目からの感染を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

コロナウイルス感染症の基本的な対策は、手洗い(石鹸による十分な手洗い)、あるいはア ルコール等で消毒することです。

  • 洗っていない手で目をさわらないようにしてください(自分にウイルスを感染させな い)。
  • 目をさわったあとに手を洗わずに、あちらこちらをさわらないようにしてください(他 人にウイルスを感染させない)。

目をさわらない・こすらない、手を洗うこと、を心がけましょう。

3.コンタクトレンズの使用はどうすればよいでしょうか?

コンタクトレンズをはめるときと、はずすときに直接目に触れますので、目に触れる前後に十分な手洗いを行ってください。普段どおりに、コンタクトレンズの消毒やこすり洗いもしっかりと行ってくだ さい。心配であれば、しばらくの間、コンタクトレンズから眼鏡の装用に代えても良いでしょう。

4.眼鏡やゴーグルを使えば、感染から目を守れるでしょうか?

眼鏡やゴーグルを装用すればコロナウイルスの飛入を、ある程度は抑えることができますが、完全ではありません。レンズのない側面や上下の隙間から、ウイルスが侵入する可能性があります。
また、眼鏡やゴーグルに触れた手で目をこすってしまうと、かえって感染のリスクを高める可能性も あることに注意してください。

5.普段から点眼薬をさしている場合、何を注意すればよいでしょうか?

目薬をさす前と後に、十分に手洗いを行ってください。他の人と、目薬を共有してはいけません。

目をさわらない・こすらない、手を洗うことをこころがけましょう!

今年もありがとうございました。

名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニックの田辺です。

今年も残すところあと1日です。

今年も皆さまのお陰で無事終えることができます。

スタッフと共に1年間無事に診療できたこと、一緒に過ごせたことに感謝です。

新しいメンバーを迎えることもできました。

6人のスタッフで開院して、今では20名を超えるスタッフが一緒に働いてくれています。

長く勤務してくれているスタッフも増えてきました。非常に嬉しいです。大学を卒業して入職、ママになったスタッフもいます。ママになって戻ってきてくれたスタッフもいます。開院時に比べ、スタッフの環境もそれぞれです。

大家族になってきたと実感しています。

スタッフはそれぞれ得意・不得意がありますが、皆とても優しいです。

そんなスタッフそれぞれが輝けることを考えていきたいと思います。

そして、やさしくて つよくて たのしい そんなチームにしたいと思っています。

患者様にもここに来るとやさしい気持ちになれる、安心できる、そんな風に感じて頂けるよう、スタッフと共に努力していきます。

平成から令和に時代が変わりました。

患者様のお声に耳を傾け、新しいことにチャレンジしながら、よりよいクリニックに成長できるよう進んで参ります。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。

こんにちは。名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニック田辺です。

9月も半ばを過ぎ、秋本番ですね。

今年は非常に暑い日がまだまだ続いていますが、朝晩はさすがに秋を感じるようになりました。

秋といえば、

『実りの秋』『芸術の秋』『読書の秋』『スポーツの秋』・・・

いろいろなフレーズが思いつきますが、

皆さまは『〇〇の秋』といえば、何が思い浮かびますか?

当院では、学ぶ機会を多く作りたいと思い、いろいろな取り組みを行っています。

皆がやりがいをもって楽しく働ける、人として成長できる、皆がしあわせを感じることができることを願っています。

先日は、年4回の勉強会にスタッフ5名と参加しました。

他院の先生やスタッフと学ぶこの場は、非常に気づきが多いです。

ゲスト講師の大嶋啓介氏のお話も聞けて嬉しかったです。

そして、8月30日には、読書感想発表会を行いました。

年2回行う恒例の取り組みです。

毎回、皆がどんな本を選ぶのか、楽しみにしています。

本を読むことに抵抗を感じる人が少なくなっていて、嬉しく思っています。

今回の発表で、皆が読んだ本です。

中村天風氏の本を選んだスタッフもいて、若いスタッフもこのような本を選ぶんだとちょっと驚きました。

本を読むと、知らなかったことを知ることもできるでしょう、もやもやした心を落ち着かせてくれることもあるでしょう、それぞれのスタッフがたくさんの本と出会うこと、楽しんで本を読む時間を持つことを願っています。

気温もちょうどよく過ごしやすい秋は、いろいろやりたいことが多くなりますね。

おいしいものを食べること、スポーツ、読書、時間を大切にして楽しみたいと思います。

皆さまも〇〇の秋、楽しんでください。

眼科キッザニア

名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニックの田辺です。

暑い日が続いています。

皆さま体調を崩さないようお体ご自愛くださいませ。

8月3日の土曜日、眼科キッザニアを行いました。10名のお子様が元気に参加してくださいました。

男の子はケーシー白衣、女の子はナース服に着替え、眼科のお仕事体験を行いました。

『目について興味を持ってもらえたら嬉しい』、『眼科を好きになってもらえたら嬉しい』と思い、毎年行っています。

お子様の真剣な眼差し、楽しそうな笑顔、お子様もお家の方もいろいろ質問してくださり、普段診療のときにはできないお話もでき、私も非常に楽しかったです。

当日の様子を少しご紹介します。

今年は、【検査】【処置】【診察】の3つのコーナーを作り、それぞれ体験していただきました。

毎年スタッフがいろいろ考え、準備やリハーサルを行なってくれています。

これからも眼科キッザニアを開催していきたいと思います。

興味のある方は、次回参加していただけたら嬉しいです。

もしも、眼科キッザニアがきっかけで、眼に関するお仕事に興味を持っていただけたら非常に嬉しいですし、将来眼に関するお仕事をするようになったお子様に会えたら、非常に嬉しいです。

そして、夏休みの良い思い出になったら、嬉しいです。

院内研修旅行

こんにちは。名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニックの田辺です。

さて、先日スタッフと一緒に研修旅行で沖縄に行ってきました。

田辺眼科クリニック、系列医院のやぐま眼科クリニック合同で行ってきました。

2年前にも沖縄に行きましたが、大雨でした。

きれいな青い海を見せてあげることができず、非常に残念な思いをしました。

今年はお天気に恵まれ、非常にきれいな海を皆で見ることができました。

沖縄の人々、景色、、、

出会いの中で、スタッフ一人一人がそれぞれ感じるものがあったようです。

アイスクリーム作りも皆で行いました。

若いスタッフの感性やセンスは素晴らしいと思いました。

仕事以外の場でスタッフと過ごすと、新たな発見があります。

旅行の企画、運営をしてくれた幹事に今年も感謝です。

そして、非常に良いスタッフに恵まれていて幸せだと感じました。

様々な年代のスタッフがいますが、それぞれのスタッフの得意をいかしながら、皆で協力して良いクリニックを作りたいと思います。

15周年

こんにちは。名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニックの田辺です。

ゴールデンウイークに入りましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、4月21日は田辺眼科クリニックの15周年でした。

無事に15周年を迎えることができましたのは、スタッフ・患者様そして当院にかかわってくださった皆様のおかげです。改めましてありがとうございます

4月20日、皆で15周年のお祝いの食事会を行いました。

このとき、新人の歓迎永年勤続の表彰も行いました。

今年は2名の新人を迎えることができました。

当院では、「お願いします!」「ありがとうございます!」そんな言葉がいつもたくさん飛び交っています。これは当院のとても良い文化だと思っています。

新人の二人には、この良い部分をぜひ身につけてほしい、仕事のやり方ではなく、あり方を学んでほしいと思っています。そして、先輩スタッフにはあり方を伝えてほしいと願っています。

4月14日には北海道で、私とスタッフの久保で、約1時間30分お話をさせていただきました。
私とスタッフが参加させていただいている勉強会の北海道会場で、お話しさせていただいたのですが、スタッフと一緒にお話しさせていただくのは初めてで、非常にうれしかったです。

医経統合実践会のHPより写真をお借りしました。
医経統合実践会のHPより写真をお借りしました。

15年間大切にしてきたこと、行ってきた取り組みなどについて、お話ししました。今回、お話しする機会をいただいたことで、自分が何を大切にして、何を行ってきたかを見つめなおすことができました。このような機会をいただけて感謝です。

私たちの拙い話が、少しでもお役に立てたらうれしいです。

16年目もスタッフと力を合わせて、『たのしい』『うれしい』『やさしい』がいっぱいの笑顔あふれるクリニックになるよう、医院作りに取り組んでまいります。

喜多川泰氏 講演会

こんにちは。名古屋市にあります眼科、田辺眼科クリニックの田辺です。

まだまだ冷え込む日も多いので、皆様体調にはお気をつけください。

さて、2月7日木曜日、北名古屋市にありますみやもと耳鼻咽喉科様と合同で喜多川泰氏の講演会を開催しました。

毎年恒例、講師の方をお呼びし、両院のスタッフとともにお話を聞きます。

今年は喜多川泰氏

喜多川先生は、

笑顔と優しさ挑戦する勇気を育てる学習塾「聡明舎」を創立、2005年からは作家としての活動を開始されました。

全17作品、国内累計80万部を超えるベストセラー作家です。

2010年に出版された『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』は12万部を突破し、2013年9月に映画化され、全国一斉ロードショー、同作品は2018年にミュージカル化もされました。

執筆活動だけではなく全国各地での講演やセミナーも開催、出会った人の人生を変える講師として人気です。

当院のスタッフも喜多川先生の本を好きなスタッフが多くいます。

私自身は、喜多川先生の本の中で、『書斎の鍵』がとくに好きです。

そんな喜多川先生の講演会を楽しみにしていました。

90分ほどの講演でしたが、引き込まれるお話であっという間、非常に良い時間を過ぎさせていただきました。

喜多川先生は、はたらくとは自分の時間を誰かの喜びに変えること、「一日生きたら何人の人を喜ばすことができるでしょうか?」と問われ、はたらいているからこそ人を笑顔にできる、できるだけたくさんの人を喜ばせる自分になろう、一人しかいなかったら深く喜ばせようとおっしゃいました。

そして、【刻石流水(こくせきりゅうすい)】という言葉を引用されました。

【刻石流水(こくせきりゅうすい)】

受けた恩は石に刻みなさい

かけた情は水に流しなさい

良い言葉です。

そのほかにも心に残るお話をたくさんきくことができました。講演の後に質疑応答の時間がありましたが、ひとつひとつの質問に丁寧にこたえてくださり、非常に嬉しかったです。

喜多川先生、素晴らしいお話をありがとうございました。

スタッフにも感想を聞いてみましたが、皆喜んでくれていて嬉しかったです。

主催で行なってくださったみやもと耳鼻咽喉科様にも感謝です。来年もこのような講演会を行う計画を開始です。

クリニック皆で、心身ともに健康、心の美しい人になるよう成長し、お互いの長所を持ちよって、チームとして仕事をしていきたいと思います。


月別アーカイブ

閉じる

052-884-8677

初診受付

LINE

Facebook