よくあるご質問

Q.飛蚊症とは何でしょうか?治るのでしょうか?

A.飛蚊症とは、虫のように黒い点や糸のようなものが見える症状です。

飛蚊症には、生理的に起こる心配のないものと、網膜裂孔(網膜に穴が開く)や網膜剥離(網膜が剥がれる)、硝子体出血、眼底出血など早期治療を要する病気の場合がありますので、飛蚊症を初めて自覚したときはまず眼科で眼底検査を受け、その原因を調べる必要があります。

眼底検査を行う時は散瞳しますので、お車を運転しての来院は控えた方が良いでしょう。

生理的飛蚊症は、眼球内(硝子体という寒天のような透明な組織)の混濁が網膜に影を作って見えています。これをなくす方法はありません。見え方にお変わりのない時は様子をみていただいて結構ですが、増えた時などはまた改めて眼底検査を受けて下さい。病気の場合は治療が必要です。

カテゴリ:

当院について

院長紹介 スタッフ紹介
院長ブログ スタッフブログ

診察について

初めての方へ 白内障
緑内障 小児眼科

当院へのアクセス

周辺地図 パーキング
バスで お車で
新幹線で 飛行機で

当院で行う検査

検査

よくあるご質問

検査

当院の最新設備

検査
IOLマスター
IOLマスター

小児眼科

三歳児

セカンドオピニオン

系列医院のご案内

やぐま眼科クリニック

高辻コンタクト

スマートフォンサイト

当院のホームページは、スマートフォンでも御覧いただけます。閲覧方法はこちらから。

携帯サイト

求人

当院の求人情報はこちらから

院内新聞

当院で定期的に発行している院内新聞の
ご案内です。

実習生感想文

当院で実習を受けた学生さんたちの感想文をご紹介します。

眼科キッザニア