よくあるご質問

Q.最近近くが見にくくなってきましたが老化でしょうか?

A.多くの場合は、老化いわゆる『老眼が出てきた』ことによる症状です。『老眼』は、専門的に言えば、『調節障害』です。『調節』とはピントを合わせる機能で、眼の中にある水晶体(柔らかい凸レンズ)の厚みを変えて行います。老化により体の各パーツが硬くなって、前屈もしんどくなるように、眼では水晶体が以前のように厚みを変えることができなくなり、目にグーッと力を入れても、近くのものが見にくくなってきます。
このほかにも病的異常で、調節衰弱、調節不全、調節遅鈍、調節麻痺、調節緊張、調節痙攣などの調節障害により、近くが見にくくなることもあります。
老眼が出てきたことにより、近くが見にくくなった場合は、眼鏡をかけることで、見やすくなります。どのような眼鏡をかければ快適に生活できるかは、眼の状態はもちろん生活環境や職業なども考慮して決めることをお勧めします。眼科で相談されると良いでしょう。病的な異常で見にくくなることもあるので、一度眼科で診てもらうことをお勧めします。

カテゴリ:

当院について

院長紹介 スタッフ紹介
院長ブログ スタッフブログ

診察について

初めての方へ 白内障
緑内障 小児眼科

当院へのアクセス

周辺地図 パーキング
バスで お車で
新幹線で 飛行機で

当院で行う検査

検査

よくあるご質問

検査

当院の最新設備

検査
IOLマスター
IOLマスター

小児眼科

三歳児

セカンドオピニオン

系列医院のご案内

やぐま眼科クリニック

高辻コンタクト

スマートフォンサイト

当院のホームページは、スマートフォンでも御覧いただけます。閲覧方法はこちらから。

携帯サイト

求人

当院の求人情報はこちらから

院内新聞

当院で定期的に発行している院内新聞の
ご案内です。

実習生感想文

当院で実習を受けた学生さんたちの感想文をご紹介します。

眼科キッザニア