スタッフブログ

2016年5月11日 翼状片ってなんだろう?

名古屋市昭和区にあります眼科、田辺眼科クリニックの看護師 田中です(^^)


いつも田辺眼科クリニックのブログをみて頂きありがとうございます。


皆様は
「鏡で見ると黒目の中に白い膜が三角形にある」
「目が充血しやすい」 
「目がコロコロする」 といった症状を感じたことはございますか?


上記の症状は  翼状片  と呼ばれるものかもしれません


翼状片は、黒目(角膜)の中央にむかって白目(結膜)が侵入してくる病気です。
鼻側だけに出来ることが多いですが、耳側に出来ることもあります。

原因として
①紫外線やホコリ
②逆まつげによる刺激
③家族性のものや生まれつきの体質
などが考えられています。


翼状片は悪いものでは無いので一般的には経過観察となりますが、
角膜内に入ってきて視力に影響を及ぼす場合や、
頻繁に充血をして異物感の強いもの、
美容的に問題がある場合には手術を行う場合もあります。

翼状片に似た症状として 瞼裂は班があり、見分けは難しいです。
気になる症状がありましたら、一度田辺眼科クリニックに受診してくださいね(*^^*)

2016年4月27日 開院12周年☆

こんにちは
名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック
コンシェルジュ 武本です(^^)♪

もうすぐゴールデンウィークですね。

皆様、予定は決まりましたか?
また当院にご来院された際には
是非楽しい思い出をお聞かせくださいね♪

尚、ゴールデンウィークは木、日、祝日、土曜午後と
カレンダーと同じお休みをいただいております。

ご迷惑おかけしますが、何卒よろしくお願いします。


さて、先日の4月21日で当院は開院12周年を迎えました。
いつもご来院してくださる患者様や地域の皆様、
当院に関わる全ての皆様のおかげにより無事、12周年を迎えることができました。
心より感謝しております。
新たなスタッフも増え、更に成長していく田辺眼科クリニックを
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

そして今年も日頃の感謝の気持ちを込めて、
先生の似顔絵入りドラヤキを、前日の20日に
ご来院された患者様にお渡しさせていただきした♪
名古屋で有名な某和菓子屋さんのドラヤキでとっても
美味しいんです('')♡
患者様にも喜んで頂けたようで、良かったです(^^)

そして沢山の方から、おめでとうございますと
お祝いの言葉を頂きとても嬉しかったです(^^)
ありがとうございました。

今後も20、30周年・・と信頼され愛され続けるクリニックとなりますよう
努めてまいりますので、よろしくお願いします。
新たな取り組みもどんどん行なってまいりますので、是非ご期待ください★



2016年4月20日 私の思い

こんにちはっ。
名古屋市の眼科、田辺眼科クリニックの看護師神徳です。

4/14の熊本の地震化や現在も続く余震・・・熊本、九州全土、四国の皆様の大変な不安な日々は続いていると思います。不安と恐怖の中、過ごされているかと思うと本当に胸が痛いです。

当院のスタッフにも九州出身のスタッフいます。そのスタッフは出産のため、九州の福岡へ帰省しています。無事とのLINEをもらいましたが、生まれたばかりの子どもと不安の中を過ごしていると思うと、とても心配でなりません。

当院では普段から、災害時の備えをしています。
災害時の非常グッツ、非常食にトイレ・・・いろいろなものを揃えて保管しています。
また、非常口の確認、避難グッツの場所の確認、避難経路の確認もしています。
私たちは、患者様やスタッフの命を守るため、避難訓練などを行っていく予定です。

私たちがまず出来ることを考え、皆様の役に立てることを行っていこうと思います。

今の私にはメッセージを送ったり、募金をすることしかできませんが、名古屋から応援したいと思います。
皆様の無事を心から祈っています。

2016年4月 6日 新しい出会い!!

こんにちは(*^^*)
名古屋市の眼科、田辺眼科クリニックのコンシェルジュの近藤です。

4月に入り、桜が綺麗な季節になりましたね♪
名古屋はちょうど今が桜の満開です。鶴舞公園などでお花見された方も多いのではないでしょうか(*'ω'*) 鶴舞公園では、今年からビアガーデンもやっているそうです。夜桜に屋台に・・・良いですよね!早くお花見がしたいです☆

4月から新社会人の方や、職場が変わる方、学校がはじまる方、たくさんの方の新しい生活が始まりますね!!4月は、どの方にとっても新しい気持ちで始められ、新しい出会いがあったりと、とても良い季節だなーと感じます(*^^*)

なんと!田辺眼科クリニックでも新しい出会いがありました。

視能訓練士として、4月から魚住さん、堀田さんという、
お二人の方が入職してくださいました(*^▽^*)♡


お二人とも素直で笑顔が素敵な子です。
一生懸命メモを取りながら頑張ってくれています☆
一緒に働くことができることがとても嬉しいです。

お二人を見ていると私自身もフレッシュな気持ちになり、頑張ろうという気持ちになります。共に成長していきたいなーと感じます!(^^)!

今まで以上にフレッシュな田辺眼科にどうぞご期待ください☆!


2016年3月30日 ようやく春らしくなりました

こんにちは(*^^*)
名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック視能訓練士の衣斐です。

今年の春は、暖かくなってきたかな・・・と思っていたらまた寒くなったり、の繰り返しでしたが、ようやく暖かくなり、桜も咲き始め、春がやってきた感じですね。

名古屋市の桜の開花日は3月19日、満開日は今日3月30日となっていました。
しかし通りかかりにあった桜は、まだ満開まで時間がかかりそうでした。

sakura.jpg

























皆様は日本三大桜をご存じですか?
福島県の「三春滝桜」、山梨県の「山高神代桜」、
そして岐阜県本巣市の「根尾谷淡墨桜」です。
いずれも国の天然記念物に指定されています。
岐阜県の根尾谷淡墨桜の予想満開日は4月1日とのことです。
樹齢1500年の桜の木、是非見に行ってみたいです!

2016年3月23日 見ることで意識できます!

こんにちは! 名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック視能訓練士の浅野です。

ずいぶん暖かくなり、日差しもやわらかく感じます。気持ちもやわらかくなる感じです。花のつぼみも膨らんで、春を感じますね(^^)

さて、当院では毎月、クリニックの月間目標を決めています。
今月の月間目標は、

IMG_20160319_155202.jpg

です。
各部門で具体的に取り組むことを決め、診療にあたっています。

この目標が、診察室の裏の通路、スタッフルーム、スタッフ用トイレの扉の内側に貼ってあります。
自然に目にするので、意識しやすく、実践につながりやすいなぁと感じます。

目標を意識しながら、より良くなるにはと考えて行動し、患者様や地域の皆様や当院に関わってくださる方々にとり、少しでも良いクリニックになれるように進んでいきたいです。

見ることで意識できて良いなぁと思うことがプライベートでもあります。

昨年の9月から、朝体重を測り、記録し、グラフにしています。それを冷蔵庫の扉に貼っています。
おいしいものを食べるのが大好きで、つい食べ過ぎてしまい、体重が増えてしまうのですが、グラフを見ると『食べ過ぎだよ』と意識できて、少し控えることができます。

DSC_0258.JPGのサムネール画像
最近、上昇中です(^_^;)
健康管理のためにも、続けていきたいと思います。

当院で働かせていただくようになり、いろいろな取り組みをしたり、学びの機会を与えていただいたり、とても恵まれた環境だと感じています。

自分自身も努力を続けていける人になりたいと思います。

2016年3月16日 もうすぐ春ですね\(^o^)/

こんにちは(*^^*)
名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック視能訓練士の宮﨑です!!

朝晩はまだ肌寒く感じますが、もう3月も半ばですね。そろそろの暖かさが待ち遠しくなってきました\(^o^)/



さて、突然ですが、昼と夜が同じ長さになると言われている日が1年に2回ありますが、それはいつだか知っていますか???


そうです!!春分の日秋分の日です(^^)/
そして、その春分の日を今週の日曜日、20日に迎えます。春分の日とは、「自然を称え、将来のために努力する日」と法律で定められた祝日です。昔の人は、自然に感謝し春を祝福する日だと感じていたようです。春分の日の頃は、厳しい冬を耐えてきた生き物が前向きにやる気に満ち溢れると共に、草木が芽吹き、春の訪れを感じる時期でもあります。


春分の後は、徐々に日が長くなってそれまでの寒さも和らいでくるとされています。この春分の日を境に、を実感できる頃が近づいてきそうですね(*^^)v


季節の変わり目ということもあり、気温の変化で体調を崩さないよう、皆様お気をつけてお過ごしください!(^^)!

2016年3月 9日 ☆近視・遠視・乱視とは??☆

こんにちは。

名古屋市の眼科、田辺眼科クリニック、視能訓練士の三浦です(^^)

 

ここ数日、気温も上がり、春の気配を感じますね。

また、花粉の飛散も始まり、当院には花粉症の症状で受診される患者様が多くいらっしゃいます。

 

さて、当院では、診察の前に検査を行い、視力の結果などを記載した紙を患者様へお渡しさせて頂いていますが、最近、患者様から『近視・遠視・乱視』についてご質問を受けることがよくあります。

今日は、簡単にではありますが、『近視・遠視・乱視』についてお話ししたいと思います。

 

【近視とは?】

『近くははっきり見えるが、遠くを見ると字や物がぼけて見える』と

いうのが主な症状です。また、メガネやコンタクトレンズで矯正しない       場合『目を細めて字や物を見る』 『肩こりしやすい』といっ症状が 出る場合もあります。

特にお子様の場合は、「見づらい」という症状を直接訴える事は少なく、学校検診や家庭内での症状から、ご両親が気付いてあげる事が重要です。

   

 

   【遠視とは?】

遠視は「遠くが見えるよい眼」と勘違いされがちですが、眼の屈折状態としては、本当は遠くにも近くにもピントが合っていません。しかし、眼には水晶体というレンズのはたらきをする部分の厚みを増して像の結ばれる位置をずらす「調節」という機能があるので、若い頃は遠くも近くも見ることができます。

ただ、「調節」の機能は年齢とともに衰えてくるため、徐々にピントを合わせることができなくなり、より「調節」を要する近くから見えにくくなっていきます。

 

 

【乱視とは?】

乱視は一般的に、角膜と水晶体の歪みによって引き起こされます。

乱視の見え方は、二重に見える・ブレて見える・ぼやけて見える・光がにじむ・夜見にくくなるなどで、見にくさだけではなく目の疲れの原因ともなります。

軽い乱視は矯正の必要がないため、放っておいても問題はないのですが、見え方に関わってくる・疲れの原因となるような乱視は眼鏡やコンタクトレンズで矯正した方がよいでしょう。

 


近視・遠視・乱視とは、主に、このような症状になります。

なかなか奥が深いです...(-_-;)

また、不明な点などがございましたら、いつでも、スタッフにお尋ね下さい。



2016年3月 2日 アレルギーによる目の病気☆

こんにちは(*^^*)
名古屋市昭和区の眼科、田辺眼科クリニックの看護師 田中です!!

3月に入り暖かくなってきましたね*
花粉もいよいよ飛び始める花粉症の方にはとても辛い季節ですね(>_<)


今回はアレルギーによる目の病気をいくつかご紹介します*


①季節性アレルギー性結膜炎

毎年同じ季節にアレルギーによって結膜炎がおこります。
花粉症がその代表です*
強い目のかゆみ、充血が主な症状で、くしゃみや鼻水など目以外にも症状が現れるのが特徴です。
花粉症の原因は春に飛散するスギ花粉の他に、
春から初夏にかけてのヒノキ、
夏にはカモガヤなどのイネ科の植物、
秋はヨモギやブタクサなど、アレルゲンには様々な植物の花粉があります。



②通年性アレルギー性結膜炎

ダニやハウスダストなどが原因で結膜炎がおこります。
花粉と違い、季節に左右されませんので症状が一年中現れますので「通年性」と呼ばれています。



③春季カタル
カタルとは、粘膜に炎症がおきて多くの粘液を分泌する状態です。
結膜に炎症がおき、かゆみ、白っぽい糸をひくような粘り気の強いめやに、目にゴロゴロとした違和感が生じます。
特に春先など、季節の変わりめに悪化します。
小学生くらいの男の子に多いとされる病気で、アトピー性皮膚炎をもっている子に多いとされています。
症状は悪化と警戒を繰り返しますが、思春期頃に治っていく場合が多いとされています。



この他にも
コンタクトレンズによるアレルギーや点眼薬によるものなど様々なものがあります。

アレルギーの原因とされる抗体は一度できてしまいますとなかなか消えません(>_<)
アレルギー反応を起こしやすい体質そのものは生まれつきによるものなので、
ある程度高齢となり、免疫能が低下してくるまで治りにくいとされています。


アレルギー症状はとても辛いですが、出来る限り外界からの侵入は防ぎ、予防していきたいですね!!

2016年2月24日 インフルエンザ

こんにちは
名古屋市昭和区にあります、田辺眼科クリニックの看護師の神徳です

全国的にインフルエンザが大流行していて、名古屋市でもかなりの感染者数が報告されていますが、皆様の体調はいかがでしょうか。

実は、私も2週間ほど前にインフルエンザに感染いたしまして、お休みをさせていただいていました。
インフルエンザには何度か感染したことはあるのですが、今年のインフルエンザの症状はしんどかったなという記憶が強いです。
40度を超える高熱と頭痛、副鼻腔炎の併発もあり、1週間しんどかったです。

今年、インフルエンザに感染した方は「今年はしんどかった」「なかなか良くならなかった」とお話して下さる方が多かったです。

育児をしている、介護をしている方々は、インフルエンザであっても休息することができず、それのなかなか治らない原因とも言われました。
しかし、休めないですよね・・・。私も、主人に少し早く帰ってきたりしてもらってましたが、保育園に送り迎えに行けず、子どもと24時間べったりになってしまい、結局感染させてしまいました。

まだまだ、インフルエンザについて知らない方も多いので、今回は、インフルエンザについてお話させていただきます。

インフルエンザと普通の風邪との違い
1・感染経路・・・インフルエンザ:空気感染、飛沫感染、接触感染
           普通の風邪 :飛沫感染、接触感染

2・潜伏期間・・・インフルエンザ:1~2日
           普通の風邪 :5~6日

3・症状部位・・・インフルエンザ:全身
           普通の風邪 :局所(のど・はななど

4・発熱   ・・・インフルエンザ:38~40度前後
           普通の風邪 :37~38度位

5・鼻水   ・・・インフルエンザ:発熱後続く
           普通の風邪 :ひき始めに出ることが多い

6・せき   ・・・インフルエンザ:強い
           普通の風邪 :軽い

7・関節痛・頭痛・
   倦怠感・筋肉痛 ・・・インフルエンザ:強い
                 普通の風邪 :軽い

違いを覚えておくことも大切ですね。
また、発症後48時間以内に適切な抗インフルエンザ薬を服用、吸入すると早期回復が見込まれています。
あれっもしかして感じたら、様子を見ずに早めに、内科や小児科を受診して頂くことが一番だと思います。

また、発症後の復帰の目安としては、一般的にはインフルエンザ発症後5日間(解熱後3日間)はのどや鼻からウイルスを排出するといわれていますから、その期間は外出は控える必要があります。
予防しても感染してしまうこともあります、感染してしまったら、ほかの方へ感染させないこと、早目の受診で早期回復をつとめてくださいね。



月別アーカイブ

当院について

院長紹介 スタッフ紹介
院長ブログ スタッフブログ

診察について

初めての方へ 白内障
緑内障 小児眼科

当院へのアクセス

周辺地図 パーキング
バスで お車で
新幹線で 飛行機で

当院で行う検査

検査

よくあるご質問

検査

当院の最新設備

検査
IOLマスター
IOLマスター

小児眼科

三歳児

セカンドオピニオン

系列医院のご案内

やぐま眼科クリニック

高辻コンタクト

スマートフォンサイト

当院のホームページは、スマートフォンでも御覧いただけます。閲覧方法はこちらから。

携帯サイト

求人

当院の求人情報はこちらから

院内新聞

当院で定期的に発行している院内新聞の
ご案内です。

実習生感想文

当院で実習を受けた学生さんたちの感想文をご紹介します。

眼科キッザニア