院長ブログ

2013年8月10日 眼科キッザニア

7月27日(土)15:00~16:00、眼科キッザニアを開催しました。

眼科の職業体験を通して、

『子どもたちに少しでも眼について興味を持ってほしい』

『子どもたちにクリニックのことをもっとよく知ってほしい

という想いで開催しました。開院以来、初の試みです。

小学生1~3年生の9名のお子さまとそのご家族の方に参加していただきました。

子どもたちは、「眼のここはどうなっているの?」、「すごい、きれい」などと、

勉強しながら楽しく過ごしてくれました。

ご家族の方も、楽しそうで嬉しかったです。

今回ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございます。

来年以降も開催したいと思います。

当日の様子です。 

P1040854.JPG P1040853.JPG P1040861.JPG P1040863.JPG

白衣に着替え

P1040880.JPG P1040866.JPG

近視・遠視・乱視の程度を測り、視力測定

P1040903.JPG  P1040934.JPG

お父さん・お母さんが患者さん役

P1040922.JPG P1040935.JPG

眼の写真撮影

P1040965.JPGのサムネール画像  P1040908.JPG

P1040967.JPG P1040946.JPG

撮った写真をみる子どもたち、真剣そのもの

P1040905.JPG P1040925.JPG

たくさんの体験をがんばったみんなに修了証書授与

P1030210.JPG P1040975.JPG

最後にみなで記念撮影 ~ありがとうございました~

P1040996.JPG  

スタッフもがんばりました

P1050011.JPG 

2013年7月26日 セミナー

昨日セミナーに参加しました。

『ディズニー魔法の場づくりと心のおもてなし』です。

そこで聞いた話の中で、その中でも特に印象に残った話が2つあります。

一つは、組織が求めるものを伝えることが大事で、それを新人も説明できるくらい組織の中に浸透させることが大事だということ。

ディズニーは、ハピネスの創出、わくわく感・どきどき感を創り出すことが目的で、ディズニーで仕事をするキャストは、仕事を通じてハピネスを創出することを使命としているそうです。

キャストはマニュアルに従い、70%のことを行いますが、残りの30%は4つの鍵(安全性・礼儀正しさ・ショー・効率)を考えるときの軸にして、ゲストに寄りそった対応をし、そこから数々の語りつがれるような出来事が起こっていると聞きました。

もう一つは、ウォルト・ディズニーの言葉です。

『人は誰でも世界中で最も素晴らしい場所を夢に見、想像し、デザインし、建設することができる。しかし、その夢を実現するには、人の力が必要である』

素晴らしい場所があり、そこで働く人がおもてなしの気持ちを大切にし、誠意ある行動や正しいことを行っていくことで、今のディズニーができあがったそうです。

全体のハピネスは、一つ一つのことをきちんと行い対応する、この小さなことの積み重ねから産み出されていました。

ディズニーランドは今年30周年。

秋には院内旅行でディズニーランドに行きます。

今回のセミナーで学んだことを今後のクリニックに取り入れることと、秋には実際にディズニーランドに行き、いろいろ感じてきたいです。

  ミッキーマウス.jpg

2013年7月12日 目標中間報告会

当院では私はもちろん、スタッフも一年間の目標を立て、仕事に励んでいます。目標を持って仕事に臨んだ方が、仕事に対する目的がより明確になるので、とても良いです。

目標を立てるだけでも素晴らしい行動ですが、そもそも目標を立てる目的は、目標を達成するためにあります。よって、目標は憶えておく必要があります。

そのために当院が取り組んでいるのが、6月か7月頃にミーティングの時間を使って「目標中間報告会」を実施するという内容です。

・現在の目標の達成状況
・まだ達成出来ていない目標は、これからどんな形で進めるか
・目標を立てた事による自分の変化

などを、スタッフの前で発表するのです。

このように、第三者に向けて発信する事で、目標に対する意識を高める事を目的としています。

2013年も既にあと半年を切りました。

今年一年が素晴らしい年になるように、スタッフと力を合わせて頑張ります!

2013年7月 1日 七夕

今日から7月です。1年も半分が過ぎました。早いです。

当院では、今日の午後から七夕の飾り付けをしています。

七夕の飾り付けは、毎年行っています。

七夕1.JPG

スタッフより、患者さまの様子を聞きました。

午後、お子さまが院内に入ってくるなり、

「わぁ~、なんか違う!!」と第一声。

そして、さっそく短冊に願い事を書いて、笹に飾ってくれたそうです。

昨年は笹が倒れるほどたくさんの短冊が飾られました。

今年もたくさん書いてくださると嬉しいです。

書いてくださった願い事もいつもとてもほほえましく、

読むのを楽しみにしています。

そして、今日は、以前父の日に行ったイベントについて、

(父の日にお子さまからのはがきを届けるというイベント)

患者さまからお声をいただいたと聞きました。

「とても喜んでいました」と言ってくださったそうです。

このようなお声をいただけて、とても嬉しかったです。

2013年6月19日 父の日

6月16日は父の日でした。

今年、クリニックでお子様に父の日のはがきを書いていただき、

父の日までに届くように投函しました。

P1040804.JPG

 

48人のお子様に書いていただきました。

普段、お子様から手紙をもらうことはないと思うので、

少しでも喜んでいただけたら嬉しいです。

 

2013年6月 1日 投稿記事

少し前になりますが、とても嬉しいことがありました。

患者さまが、当院のことを書いた記事を新聞に投稿してくださいました。

投稿してくださった記事の内容です。

『笑顔と気配り 通院楽しみに

 眼科医院に行くと、玄関先に設置してある「今日、5月〇日は〇〇の日です」と書いたイラスト入りのボードが出迎えてくれます。スタッフの皆さんの手作りです。

 昨年、この眼科医院で白内障の手術をしました。院内はいつも患者さんでいっぱいです。スタッフの皆さんは、笑顔で対応してくれます。

 言葉遣いも優しく、親切で、気配りが行き届いています。動きも、きびきびしています。

 院長先生の説明も実に分かりやすく、ありがたく思っています。今は月一度の通院ですが、「今日の記念日は?」とボードを見るのが楽しみです。

 これまで、いろんな医院でお世話になりましたが、楽しいと感じたことはありませんんでした。家内が「お医者さん嫌いのあなたがねー」といいます。』

この記事は、終礼で発表しました。

日々一生懸命頑張ってくれているメンバー皆と共有しました。

メンバーそれぞれも、とても喜んでいて、私たちが、この記事からたくさんの元気をいただきました。

楽しいと感じて、通ってくださることを本当に嬉しく感じました。

このようなお言葉をいただき、本当に嬉しかったです。

ありがとうございます。

これからも、メンバーと共に通いたくなるクリニックを作ってまいります。

 

2013年5月28日 セミナー参加

5月26日(日)、スタッフ4名とともにセミナーに参加しました。

 

全国からさまざまな診療科の先生やスタッフが参加されているセミナーで、年4回開催されます。

 

回は第2回でした。

 

今回の内容は、

①各医院の取り組みの発表

②スポーツドクター辻秀一先生の講演

③スタッフ教育について

 

さまざまな診療科の先生やスタッフが集うこの場はとても刺激を受けます。

 

各医院の発表はとても参考になり、まだまだできることがある、良くしていきたいという想いを強くします。

 

辻先生の講演は、フロー理論についてでした。

 

朝礼でスタッフとともに辻先生の本を読み、今回の講演をとても楽しみにしていました。

 

日常起こっていることを私たちがどのように認知し、不機嫌になっているか、具体的なお話も多く、ますますフローについて興味を持ちました。

 

これからも引き続きフローについて学び、実践し、そしてスタッフとシェアしていきたいと思います。

 

スタッフ教育については、当院のスタッフが輝き、成長を実感できるためにも体制を整えていきたいです。

 

より良い組織作りに取り組んでいきたいです。


tsuji.JPG


2013年5月21日 学校検診

最近、学校検診の用紙をもらった患者さまにたくさんご来院いただいています。

私も、先日近隣の中学校に検診に行ってまいりました。

学校の視力検診は、A、B、C、Dの4段階で評価されます。

Aは、視力1.0以上

Bは、視力0.9から0.7まで

Cは、視力0.6から0.3まで

Dは、視力0.3未満です。

片目でも視力がB以下の場合、学校から「眼科受診のおすすめ」の用紙をもらいます。

学校検診では、Bであっても当院で視力を測ると1.2だったり、その逆もあります。

普段は両目を使って見ているので、片目の視力が下がっていてもなかなか気づけません。

学校検診は、そういった意味でも大切だと考えています。

用紙をもらったら、なるべく早く眼科受診をしていただき、早期発見に役立てたら嬉しいです。

 

2013年5月10日 最近読んだ本『自分を「ごきげん」にする方法』

自分を「ごきげん」にする方法という本を読みました。

「フロー理論」でおなじみの辻秀一先生の最新作です。

いつもごきげんで、自分らしく人生を歩んで行こう!!という内容で、そのための思考法が書かれています。

不きげんな"よし子"さんとごきげんな"はな子"さんが登場し、とてもわかりやすかったです。

私たちがいかに周りの出来事に左右されているかがよくわかりました。

「自分のきげんは自分でとる」

「自分の心は自分で決める」

印象に残った言葉です。

周りの出来事に左右されず、自分を自分で「ごきげん」にすると決め、いつもごきげんでいて、質の高い時間を過ごしたいと思います。

5月26日にスタッフ4名と一緒に参加するセミナーで、辻先生のお話をきくことができます。

今からとても楽しみです。

2013年4月26日 4月から、新しいスタッフが入職!!

皆さん、こんばんは。

今年の4月から、2名の新しいスタッフが入職しています!!

1名は、系列のやぐま眼科クリニックに入職されました。

今は、研修を受けながら、先輩スタッフにつき業務を行っています。

元気に頑張っている姿を見るのはとても嬉しいです。

当院の理念や考え方、私たちのあるべき姿を伝えていきたい、

現在のようなクリニックになった今までのことも伝えていきたいと思います。

そして、

「ここに入職して良かった」、

「ここでとても楽しく仕事ができる」、

「自分の成長を感じることができる」

と思っていただけたら何より嬉しいです。

新しい人との出会いで、私自身が教えられます。

新人を含め、スタッフ一同、少しでも患者さまの力になりたいと、勉強の毎日です。

これからも、末永くよろしくお願い致します。

月別アーカイブ

当院について

院長紹介 スタッフ紹介
院長ブログ スタッフブログ

診察について

初めての方へ 白内障
緑内障 小児眼科

当院へのアクセス

周辺地図 パーキング
バスで お車で
新幹線で 飛行機で

当院で行う検査

検査

よくあるご質問

検査

当院の最新設備

検査
IOLマスター
IOLマスター

小児眼科

三歳児

セカンドオピニオン

系列医院のご案内

やぐま眼科クリニック

高辻コンタクト

スマートフォンサイト

当院のホームページは、スマートフォンでも御覧いただけます。閲覧方法はこちらから。

携帯サイト

求人

当院の求人情報はこちらから

院内新聞

当院で定期的に発行している院内新聞の
ご案内です。

実習生感想文

当院で実習を受けた学生さんたちの感想文をご紹介します。

眼科キッザニア